artglilanga

ジョージ・リランガ(George LILANGA)


真夜中の夢

シェタニ=精霊をモチーフにした芸術家といえば、ジョージ・リランガを忘れるわけにはいかない。モザンビーク出身のマコンデ人で1934年生まれ。のちにタンザニアに移住した。家業はサイザル農家だったが、「男達は、昼過ぎに畑仕事から戻ると、彫刻をしはじめる。バナナの葉の屋根の小屋の下でね」という環境だった。リランガ自身も幼い頃にキャッサバを木のかわりにして見よう見まねで彫り始めたそうだ。

 1972年にダルエスサラームに移住し、シスター・ジーンに見いだされてニュンバヤサナー(芸術の家)の作家の一人となってからは、マコンデ彫刻だけでなく、バティック、油彩画、エッチングなども始めた。その後、フリーの作家となり、日本を始め世界各地で作品展を行ってきた。その図柄はどれも頭がたくさんあったり、舌が2枚あったりする奇妙な格好のシェタニなのである。だが、どれも憎めない顔をしているし、その笑顔にはこちらまで引き込まれてしまうという効用がある。

 リランガの絵には一つ一つお話がある。それは、夜中にリランガが眠っている時にやってきたシェタニのしでかしたことだそうだ。シェタニたちは、空を飛んだりもするが、太鼓で踊る、水汲みに行く、畑仕事や夫婦喧嘩をする、病気になるなどと、人間たち(特にタンザニアの)にとても似ている。その構図の大胆さや、色使いの楽しさなどとともに、親しみやすいシェタニたちがリランガ作品の魅力の一つとなっているのだろう。

 2000年に大病で長期入院し、一時は危ない状態の時もあり、両足を切断したが、その後、リハビリに励み、車椅子を足にして活躍した。2001年9月ダルエスサラームで初の個展が開かれ、健在ぶりを示したが、2005年6月27日に帰らぬ人となってしまった。
(訃報は右記に→リランガ<追悼>)

1986年以来、毎年リランガの絵でカレンダーを作成している。2008年以降はリランガのバティックを使った一枚もののカレンダーを作り、ご好評をいただいている。このガイドブックにもこれまでのカレンダーの絵などを使わせてもらっている。
リランガカレンダーにご関心のある方は、JATAツアーズまでご一報を。

→リランガ・カレンダー


<関連内部サイト>

「芸術の家」の歴史を語る本『Inspired/Maono』


☆作品説明:
上左:旧ニュンバヤサナーのレリーフ/上右:エッチング
下左:水彩画/下中:ペン画/下右:エルメススカーフになったリランガ作品
バック:シェタニをモチーフにしたマコンデ彫刻



  

アートページ目次へ

トップページへ戻る