ダルエスサラーム便り


 

タンザニア歳時記・11月
― 断食月―



金山 麻美(かなやまあさみ)



   今年は、11月6日か7日からラマダン(断食月)に入りそうです。

 ご存知の方も多いでしょうが、ラマダンというのは、イスラム暦9月の断食月のことです。ムスリムたちは、この月の新月から次の新月にかけての一月間、日の出から日没の間、つまり日中の飲食を一切断つのです。日没後に軽い食事(フタリ)をとったあと、お祈りをし、本格的な食事(ダク)に移ります。  イスラム暦は、太陰暦なので、太陽暦より1年が11日ほど短くなっています。つまりラマダンは、太陽暦の上での日にちは、毎年ずれていきます。

 タンザニアは、地図上で赤道よりちょっと下にあるので、今がちょうどどんどん暑くなっていく時期です。ここ何年間かのラマダンは、タンザニアの真夏である最も暑い時期にあたっているのです。

ザンジバルのムスリムたち  タンザニアは、人口の約半数がムスリムだといわれています。統計はありませんが、断食をしなくてもいいとされている小さい子供、妊婦、病人などをのぞいて、健康?なタンザニア人ムスリムの8割ぐらいの人々が断食をしているのでは…というのが、私の感触です。もともと宗教的に熱心な人はもちろん、普段お祈りをあまりしていなかったり、時にはお酒を口にしてしまうようなムスリムも断食はするという人が多いです。どう見ても問題なさそうなのに、いろいろ理由をつけてしないですます人も、中にはいるのですが。私の周りのムスリム(男性、大人)にも「今年は、断食をするか」と聞いてみたら、9人中、7.5人が「もちろんする」と言っていました。しないといっている1人の理由は「ちょっと体の調子が悪いから」(外見上はあまりそうは見えないが…)ということでした。0.5人と勘定した人は「するつもりだが…」と口を濁した人です。

 その間も、ほとんどの人が普通どおり、仕事をします。エアコンの効いたオフィスでの仕事ならまだしも、インタビューした中の一人は、庭師という炎天下の肉体労働でしたが、始業時間をいつもより1時間早くして、(つまり朝の涼しい時期に仕事を始め、)終わりをいつもより2時間早めるものの、労働内容はいつもと変わらないそうです。空腹もそうですが、「のどが渇くでしょう?」と聞いても、「大丈夫なんだ」という答えでした。強靭な精神力と申しましょうか。私のような軟弱者にはとてもまねのできないことです。それだけ神とのつながりを強めたいということなんでしょうか。

 ダルエスサラームのように他の宗教の人も結構いて、レストランなどもラマダンの間も平常どおり営業しているようなところでは、なかなか断食もやりづらいものがあるとも思いますが、一月間やりとおすムスリムたちには、それが宗教上必要なこととはいえ、頭の下がる思いです。ましてやノースリーブの木綿の風通しのよいワンピースを着ていても、ちょっと体を動かすと、汗がじわっと出てくるくらい暑いのに!

    この項つづく 次回は、ラマダン中のお楽しみ、食事のことなどについて書きたいと思ってます。
             

(2002年11月5日)




バックナンバー

トップページへ戻る