タンザニア隣国情報



コンゴDR



1.正式国名:コンゴ民主共和国(Democratic Republic of Congo)

2.首都:キンシャサ(Kinshasa)

3.元首:ジョゼフ・カビラ大統領(Kabila)2001年1月就任。

4.独立:1960年(旧宗主国ベルギー)

5.人口:5,095万人(2002年)

6.面積:2,345,000平方キロ

7.言語:フランス語が公用語。国語としてリンガラ語、コンゴ語、スワヒリ語、ルバ語が地域共通語として存在している。それ以外に多様な民族語。

8.通貨:コンゴ・フラン。2004年5月現在US$1=?。

9.ビザ:日本人には必要。ただし空港などの国境で取得できる。ダルエスサラームのコンゴ大使館で取得できる。シングル$20。所要1日。写真1枚。

10.日本大使館:キンシャサにある。

11.コンゴへの交通:
(1)空路:ダルエスサラームからキンシャサへの直行便は現在運休中で、ケニアのナイロビ経由になる。
(2)陸路:ダルエスサラームからシャバ州(旧カタンガ州)のルブンバシに週2便バスが出ている。

12.主な見所
(1)キンシャサ:首都旧名レオポルドビル。悪名高かったベルギー国王レオポルド2世にちなんだ。
(2)ルブンバシ:コンゴ東南部ザンビアとの国境近く、シャバ州の州都。地下資源の多くを産し、1960年の独立当時から分離独立の気運があった。
(3)キサンガニ:コンゴ東部の大都市。キンシャサへの大型客船の出発地。
(4)ワンバ:ボノボ(ピグミーチンパンジー)の生息地。京都大学加納隆至教授が発見した、第四の類似猿の調査地。
(5) マウンテンゴリラの生息地:ヴィルンガ国立公園。カフジ・ピエガ国立公園。

13.簡単な紹介
 ベルギー王レオポルド2世の私有地「コンゴ自由国」として象牙、ゴムを輸出する植民地として徹底的に搾取され、数百万人の人が殺された。アフリカ有数の地下資源大国として、列強の争奪の対象となり、独立後も内戦(コンゴ動乱)、クーデターの繰り返しに翻弄されている。現在も、東の隣国のルワンダ、ウガンダ、南の隣国のアンゴラとの緊張を抱え、安定した状態には程遠い。

★追加情報★「闇の奥」の奥レオポルド王の独白

ケニアウガンダエチオピアモザンビークマラウィザンビアジンバブウェ
ルワンダブルンジコンゴ民コモロエジプトオマーン

トップページへ戻る