タンザニア隣国情報



ザンビア



1.正式国名:ザンビア共和国(Republic of Zambia)

2.首都:ルサカ(Lusaka)

3.元首:レヴィー・ムワナワサ大統領(Levy Patrick Mwanawasa)2002年1月就任。

4.独立:1964年10月(旧宗主国イギリス)

5.人口:1,050万人(2004年)

6.面積:752,610平方キロ

7.言語:英語が国語。民族語としてベンバ語、ニャンジャ語、トンガ語、ロズィ語など。

8.通貨:ザンビア・クワチャ。2005年9月現在US$1=ZK4,312。

9.ビザ:日本人には必要。ダルエスサラームのザンビア大使館(Ohio St.)で取得できる。シングル$25。所要1日。写真2枚。

10.日本大使館:ルサカにある。

11.ザンビアへの交通:
(1)空路:ザンビア航空が倒産し、タンザニア航空が不採算路線を切ってから、しばらくダルエスサラームからルサカへ直行便はなく、マラウィのブランタイヤ経由か、ケニアのナイロビ経由だったが、2006年11月から新生ザンビア航空が週4便運航している。片道$125ほど。続くことを祈りたい。
(2)鉄道:ダルエスサラームから、ルサカの北のニューカピリンポシまで、タンザン鉄道が通じ、旅客列車は週2便走っている。所要約40時間。
(3)陸路:タンザン・ハイウェイがダルエスサラームからルサカまで続いている。状態のいい舗装道路で、ルサカ行きの直行バスも毎日走っている。所要約24時間。

12.主な見所
(1)ビクトリアの滝(モシオトゥンヤ):ジンバブウェとの国境にある、世界三大瀑布に数えられている。ザンビア側の都市はリビングストン。
(2)カリバ湖:ザンベジ川に造られたカリバ・ダムによって出来た巨大な人造湖。
(3)ルワングワ国立公園:南北に分かれたザンビア有数の国立公園。

13.簡単な紹介
 北ローデシアと呼ばれた時代もあり、ジンバブウェ、マラウィとの関係が深かった。銅の産出が国の経済を支えていたが、銅の価格低迷と共に国の経済は低迷している。銅に依存し、農業を軽視してきたつけで、食料品の輸入依存率が高く、食費は高い。

★追加情報★ザンビアへの旅  

☆写真集(池田智穂さん提供)☆

  
(1) ザンビアの首都、ルサカの町。内陸にあり、埃っぽい町である。   
(2) 世界自然遺産ヴィクトリアの滝。ザンビア風に言うとモシオトゥンヤ(雷鳴のように轟く水煙)。ジンバブウェとの国境のリビングストンの町にある。ジンブブウェ側の町ヴィクトリアフォールズとの間のザンベジ川が落下する。  
(3) ザンベジ川にかかる橋。1975年ジンバブウェの独立交渉がこの橋の上に停めた列車の中で行われた。
(4) ザンベジ川のサンセットクルーズ。
(5) ルサカからリビングストンへの舗装道路の周りにはずっと緑が続く。
(6) メタルアートが盛ん。(ルサカ市)


ケニアウガンダエチオピアモザンビークマラウィザンビアジンバブウェ
ルワンダブルンジコンゴ民コモロエジプトオマーン

トップページへ戻る