タンザニア図書ライブラリー

ー 日本語文献のみ ー


タンザニアのことを知るためにはタンザニアを旅するのが一番だが、その予習として、あるいは復習として。



1.政治・経済・歴史

    タンザニアに生きる   
  1. 吉田昌夫『アフリカ現代史Ⅱ東アフリカ』(山川出版社1978)
     タンザニアを含めた東アフリカ地域9カ国の通史。入門書としては最適。2000年に新版。

  2. 白石顕ニ『ザンジバルの娘子軍』(冬樹社1981)
     ザンジバルのからゆきさん伝説発掘の記録。1997年に現代教養文庫として復刻。

  3. 松浦光利『アフリカ大船長奮闘記』(成山堂書店1985)
     ザンジバル海運の指導・訓練のためにJICA専門家として派遣された元自衛隊海将補の奮闘の記録。2008年に文庫版が出た。
     紹介

  4. 宮本正興・松田素ニ編『アフリカ史』(講談社1997)
     アフリカ通史の新書版。タンザニアにも触れられている。

        アフリカ農村と貧困削減 
  5. 末原達郎編『アフリカ経済』(世界思想社1998)
     東アフリカの項では専らタンザニア経済の動向が分析されている。

  6. 青木澄夫『日本人のアフリカ発見』(山川出版社2000)
     明治・大正時代の日本人のアフリカ渡航・進出の歴史を丹念にまとめる。
     同じ著者に『アフリカに渡った日本人』(時事通信社1993)もある。

  7. 富永智津子『ザンジバルの笛』(未来社2001)
     インド洋世界と東アフリカ世界の交流から生み出されたスワヒリ世界。その精華であるザンジバルの歴史と文化を分かりやすく生き生きと描きだす。
     同じ著者の、世界史リブレット『スワヒリ都市の盛衰』(山川出版社2008)はインド洋西海域のスワヒリ世界の通史の入門書としては最適である。

    タンザニアを知るための60章【第2版】 
  8. 川端正久『アフリカ人の覚醒』(法律文化社2002)
     タンガニーカ(現タンザニア)が英領植民地になってからTANUの成立までの民族運動史(1920-54)。ニエレレ賛美、偏重を見直そうとする著者のライフワーク。
     紹介

  9. 北川勝彦・高橋基樹編『アフリカ経済論』(ミネルヴァ書房2004)
     サハラ以南のアフリカの経済の現在をマクロ的に捉えながら、背景としての歴史の流れも概説し、アフリカ経済の平易な入門書を意図している。タンザニアについてもたびたび触れられている。

  10. 池野旬『アフリカ農村と貧困削減』(京都大学学術出版会2010)
     キリマンジャロ州ムワンガ県の北パレ山塊にある農村をフィールドとして、開発やグローバリゼーションの波を受けながらも、社会変動や生態環境の変化に巧みに対応し、したたかに生き延びる農民社会の姿を描き出す。
      紹介

    開発と共生のはざまで 
  11. 辻村英之『おいしいコーヒーの経済論ー『キリマンジャロ」の苦い現実』(太田出版2009)
     タンザニア産コーヒー・キリマンジャロの生産、流通、価格形成を追って、フェアトレード運動を担う研究者の最新の集大成。前著『コーヒーと南北問題』(日本経済評論社2004)に続き、弊社の農村滞在のホスト村の一つであるルカニ村での調査に基づいている。2012年4月増補版発刊。
     ルカニ村とのフェアトレードと日本国内の産消提携の運動を比較分析した『農業を買い支える仕組み』(太田出版2013)も出た。

     
  12. 栗田和明『アジアで出会ったアフリカ人』(昭和堂2011)
     タンザニアの農民たちは一ヶ所にずっと留まっているわけではない。タンザニアの他の地域へ、お隣のザンビア、マラウィへ、そしてアフリカ大陸を飛び出し、ペルシア湾岸から、東アジアまで交易に出かけている。東アジア(バンコク、香港、広州)で出会った、タンザニア人交易人の活動を追う。
      紹介

    争わないための生業実践 
  13. 上田元『山の民の地域システムータンザニア農村の場所・世帯・共同体ー』(東北大学出版会2011)
     タンザニア北部アルーシャの北東にそびえるタンザニア第二の高峰メル山の山麓に住むメルの人びとの世帯の暮らしとその地域のネットワークがもつシステムを明らかにしようとする。
      紹介

  14. 根本利通『タンザニアに生きる』(昭和堂2011)
     1975年から2010年までのタンザニアにおける国家と民衆との関わりを、内側(タンザニア)に住みつつ、民衆の目線を探ろうとした現代史の記録。
    宣伝

  15. 栗田和明・根本利通編『タンザニアを知るための60章』【第2版】(明石書店2015)
     タンザニアの概説・入門書の改訂版。執筆者数も増え、様々な視点から変わりゆくタンザニアを見ることができる。
      宣伝

    争わないための生業実践 
  16. 武内進一編『アフリカ土地政策史』(アジア経済研究所2015)
     アジア経済研究所の研究会の成果であるアフリカ8カ国の土地政策の歴史の概観。タンザニアについては池野旬が、ドイツ、英国の植民地支配による土地支配、独立直後とウジャマー政策時代、そして現在のタンザニア政府による政策の変遷を概説している。

  17. 高橋基樹・大山修一編『開発と共生のはざまで』(京都大学学術出版会2016)
     太田至代表の大型科研「紛争と共生―アフリカ潜在力」の報告書全5巻の第3巻。全10章のうち、タンザニアに関しては4章が割かれている。
      紹介

  18. 重田眞義・伊谷樹一編『争わないための生業実践』(京都大学学術出版会2016)
     上記科研の報告書第4巻。全10章のうち、タンザニアに関しては5章が割かれている。
      紹介

2.社会・文化

    星降る夜は緑の匂い
  1. 片寄俊秀『ブワナ・トシの歌』(朝日新聞社1963)
     京都大学のアフリカ類人猿調査隊のカボゴ基地建設のためにやってきた若い技師の奮闘の記録。渥美清主演映画の原作。文庫版もある(現代教養文庫1976)
      参照

  2. 吉田昌夫・小林弘一・古沢紘造編『よみがえるアフリカ』(日本貿易振興会1993)
     タンザニアなど(他にエチオピア、ナイジェリア、ザンビアなど)の民衆の暮らしと援助の関わりを考察する。

  3. 赤阪賢・日野舜也・宮本正興編『アフリカ研究ー人・ことば・文化』(世界思想社1993)
     日本を代表するアフリカ人類学・言語学・歴史学・経済学者による入門的解説書。

  4. 和田正平編『アフリカ女性の民族誌ー伝統と近代化のはざまで』(明石書店1996)
     アフリカ女性の人類学的研究。和田正平によるタンザニアのイラク人の寡婦婚の例。

    アフリカ地域研究と農村開発
  5. 木村映子『おしゃべりなタンザニア』(東京新聞社1995)
     タンザニア滞在の長いスワヒリ語研究者による、文学を中心としたタンザニア社会の裏話。

  6. 野田直人『タンザナイトー僕の職場はタンザニア』(風土社1999)
     キリマンジャロ州の半乾燥地で専門家として植林事業に参画した著者が、現地の人びとに学びながら協力して活動した記録。
      紹介

  7. 富川盛道『ダトーガ民族誌ー東アフリカ牧畜社会の地域人類学的研究』(弘文堂2005)
     日本アフリカ研究の聖地マンゴーラに腰を据え、牧畜民ダトーガの研究を始めた大人の記録。「サバンナの木」「1まいのスカート」といったエッセイが素晴らしい。
      紹介



    都市を生き抜くための狡知
  8. 金山麻美『星降る夜は緑の匂いータンザニアで暮らすー』(ゲンタデザイン2005)
     アフリカに憧れた女性が、アフリカを旅し、住み着き、母となり、タンザニア人と笑ったり、踊ったり、けんかをしたり、現在進行形の生活記録。
      宣伝

  9. 花房範子『タンザニアからの花花通信』(風詠社2010)
     2008年6月~2010年3月、タンザニアに派遣されていた青年海外協力隊員の記録。ダルエスサラームの下町テメケ区で、青少年活動の隊員として、教員の現職参加で飛び込んだ彼女が何を感じたか。

  10. 掛谷誠・伊谷樹一編『アフリカ地域研究と農村開発』(京都大学学術出版会2011)
     タンザニア南部、ザンビア北部の7カ村での徹底したフィールドワークから、アフリカ農村の生態・社会・文化の特性を掴み、持続的に可能なアフリカ型の農村開発を目指す。

    残された小さな森
  11. 近藤史『タンザニア南部高地における在来農業の創造的展開と互助労働システム』(京都大学アフリカ地域研究資料センター2011)
     タンザニア南部高原のンジョンベ州に住むベナの人たちの在来農業を調査する。在来といっても人びとは、フィユングという谷地耕作、焼畑造林の造成などで時代の変化に対応してきた。
      紹介

  12. 小川さやか『都市を生きぬくための狡知』(世界思想社2011)
     タンザニア第二の都市ムワンザで、古着行商人マチンガールとして名を馳せた著者の調査記録。Ujanjaというキーワードを使って、都市の零細商人マチンガの実態を生き生きと描き出す。
     紹介
     その続編というか、さらに発展させた『「その日暮らし」の人類学』(光文社新書、2016)も出ている。
     紹介

  13. 八塚春名『タンザニアのサンダウェ社会における環境利用と社会関係の変化』(京都大学アフリカ地域研究資料センター2012)
     タンザニア中央高原の半乾燥した地域に住むサンダウェの人びとは、ハッツァと並びタンザニア古来の狩猟採集民と見なされていた。しかし、実際には環境と社会の変化に柔軟に対応してきた。
      紹介  紹介

    『「その日暮らし」の人類学』
  14. 山本佳奈『残された小さな森』(昭和堂2013)
     タンザニア南西部にあるボジ高原の季節湿地にぽつんと残されている「孤独の森」は何を象徴しているのか?慣習的な土地利用と概念の変容に伴い、利害の対立が起こりそれが和解に向かうまでを分析している。
      紹介

  15. 中村文香『アフリカにパラダイス村を作ろう』(文芸社2013)
     青年海外協力隊に参加することを夢見て、農業大学で学んだ机上の理論は、マラウィ農民の前で音を立てて崩れた。捲土重来を期して、タンザニアで弟子入りした師匠は「クワ1本で従来より3倍の収穫がができる」という。果たして…?

  16. 松田素ニ編『アフリカ社会を学ぶ人のために』(世界思想社2014)
     若い高校生~大学生のための入門書にとして、アフリカ社会のことを「多様性」「過去」「同時代性」「困難」「希望」に分けて、19人の第一線の研究者がわかりやすく語る。
     紹介

3.動物・自然

    マハレのチンパンジー 
  1. 伊谷純一郎『チンパンジーの原野ー野生の論理を求めて』(平凡社1977)
     京都大学の霊長類学・人類学研究を率いた著者による、チンパンジー研究が端緒につくまでの試行錯誤とトングウェの人々の社会の考察の記録。
    平凡社ライブラリー版(1993)がある。同じ著者による『ゴリラとピグミーの森』(岩波書店)など多数。

  2. 西田利貞『精霊の子供たち』(筑摩書房1973)
     辺境マハレ山塊に住み込み、野生チンパンジーの餌付けに苦闘する若き学徒の感動の記録。チンパンジーだけでなく、住民トングウェの人々の姿も生き生きと描かれている。ここから世界をリードするマハレのチンパンジー研究がスタートした。
     同じ著者の『チンパンジーおもしろ観察記』(紀伊国屋書店1994)には最近の研究の成果がまとめられている。
     2012年遺著として、『Chimpanzees of the Lakeshore』(Cambridge University Press、英文)が出た。

  3. 西田利貞・川中健二・上原重男『マハレのチンパンジーー<パンスロポロジー>の37年』(京都大学学術出版会2002)
     マハレのチンパンジー研究の現段階での集大成。

    人類発祥の地を求めて 
  4. ジェーン・グドール『心の窓』高崎和美・高崎浩幸・伊谷純一郎訳(どうぶつ社1994)
     ゴンベのチンパンジー研究30年の記録。人間と動物とをつなぐ架け橋としてチンパンジーを見る著者の心の襞が感じられる。
     同じ著者の『森の隣人たち』(平凡社1973)もある。

  5. 加納隆至・黒田末寿・橋本千絵編『アフリカを歩くーフィールドノートの余白に』(以文社2002)
     コンゴのワンバでボノボ(ピグミーチンパンジー)のフィールドを開いた霊長類学者加納隆至とその門下生によるフィールドワークの楽しさを伝える。

  6. 岩合日出子『アフリカポレポレー親と子のセレンゲティ・ライフ』(朝日新聞社1985)
     写真家の夫と娘と一緒にセレンゲティに1年半住み込んだ著者の大自然への賛歌。
    文庫版もある(新潮文庫1990)

    グローバル社会を歩く 
  7. ティス・ゴールドシュミット『ダーウィンの箱庭・ヴィクトリア湖』丸武志(草思社1999)
     進化の実験場ヴィクトリア湖で多様なシクリッド(カワスズメ科の魚)の分類に熱中するオランダ人の若手研究者が、ある日ナイルパーチという外来魚の侵略に気づく。

  8. 福田史夫『アフリカの森の動物たちータンガニーカ湖の動物誌』(人類文化社2001)
     JICA専門家として3年間マハレでチンパンジーを追った著者の、森の動物、魚、人びとの観察記録。やさしく分かりやすい解説である。

  9. 伊谷純一郎『原野と森の思考ーフィールド人類学への誘い』(岩波書店2006)
     京都大学大サバンナ調査隊類人猿班の班長だった先人の記録。チンパンジーから、焼畑農耕民トングウェや、牧畜民トゥルカナの人々の優しい観察に魅了される。

    サル学の系譜
  10. 中村美知夫『チンパンジーーことばのない彼らが語ること』(中公新書2009)
     1994年からマハレで観察、研究を続けている著者が、チンパンジーという「他者」と向き合う中から見えてきたもの。良質の分かりやすい哲学書のようでもあり、自分の「良識」を疑いながら読み進めていける。

  11. 岩井雪乃『参加型自然保護で住民は変わるのかータンザニア・セレンゲティ国立公園におけるイコマの抵抗と受容』(早稲田大学モノグラフ2009)
     タンザニア最古で最も高名な国立公園セレンゲティ。その設立のために移住を余儀なくされ、伝統的な生業であった狩猟も密猟とされ、また外国資本の自然保護の名目のもとに父祖の土地を奪われようとするイコマの人々にとって、「参加型住民保護」という理念は意味を持ったのだろうか?
     同じ問いを持ちながら調査を続けた結果、「かりそめの共存」という解決案を持つにいたった著者の最新版、「自然の脅威と生きる構え」(赤嶺淳編『グローバル社会を歩く』(新泉社2013)所収)
    紹介

  12. 伊谷純一郎著、伊谷原一編『人類発祥の地を求めてー最後のアフリカ行』(岩波全書2014)
     日本のアフリカ学の創始者の一人として、霊長類学、生態人類学などで大勢のお弟子さんを育てた巨人の最後のアフリカ巡礼の記録。人類発祥の地の候補をミオンボと呼ばれる乾燥疎開林にしぼって、その植生を訪ね、その過去に思いを巡らせている。
     さまざまな分野の若き研究者に、広い視野に立った連携を呼びかける思いが感動を誘う絶筆となった。
    紹介

    チンパンジーは365日ベッドを作る
  13. 中村美知夫『「サル学」の系譜ー人とチンパンジーの50年』(中公叢書2015)
     マハレのチンパンジー調査開始50周年を記念して、その歴史を振り返った本。今西錦司、伊谷純一郎によって始められた日本のサル学と西欧の自然科学との差異を意識しながら、歴史を語る。
     無文字社会にはもちろん、無言語社会にも歴史はあったはずで、チンパンジーのみならず、日本人研究者とそれを支えたトングウェの人たちの思いを浮かび上がらせている。
    紹介

  14. 座馬耕一郎『チンパンジーは365日ベッドを作るー眠りの人類進化論』(ポプラ新書2016)
     これもマハレのチンパンジー調査50年の成果だろう。チンパンジーとシラミの関係を求めてマハレに入った著者は、サンプル採集のために、チンパンジーのベッドに落ちている抜け毛を拾うことにする。
     チンパンジーが巧みなベッド作りの職人であることに気がつくと、真っ暗な夜の森林でベッドの中のチンパンジーをのぞき込む怪しい人影となった。ヒトや動物の眠りの意味を考えていく怪書。
    紹介

  15. 松本卓也・飯田恵理子・仲澤伸子ほか『はじめてのフィールドワークー①アジア・アフリカの哺乳類編』(東海大学出版部2016)
     京都大学の人類進化論教室や野生動物研究センターに所属する若き研究者たちのフィールドワーク事始め。9人の著者による共著だが、うち3人がタンザニアのマハレとウガラでのフィールド調査の記録を著している。

4.言語・文学・美術・音楽

       アーメッドの雨期
  1. 白石顕ニ・山本富美子編『アフリカ・フォイーリランガの宇宙』(講談社1993)
     マコンデ人芸術家の代表者ジョージ・リランガの作品集。

  2. 財部鳥子『アーメッドの雨期』(思潮社1994)
     タンザニアでの日々を綴った詩集。表紙はジョージ・リランガの作品。

  3. サイード・アフメド・モハメッド『離散』守野庸雄訳(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所2003)
     スワヒリ語作家の第一人者による、社会主義時代のザンジバル社会を背景とした、社会的欺瞞、性的抑圧の描写。

  4. 竹村景子『スワヒリ語のしくみ』(白水社2007)
     ザンジバルでの調査歴の長いスワヒリ語研究者が分かりやすい文体で記した入門書。コラムも読み応えあり。CD付。
    よりやさしい『ニューエクスプレス・スワヒリ語』(白水社2010)もある。

    スワヒリ文学の風土
  5. 多摩アフリカセンター編『アフリカン・ポップスの誘惑』(春風社2007)
     アフリカに関わる若手研究者やライターによるタンザニアをはじめ、西アフリカ、南部 アフリカと幅広くアフリカの「流行歌」を紹介する本。

  6. 梶茂樹+砂野幸稔編『アフリカのことばと社会ー多言語状況を生きるということ』(三元社2009)
     独立の際に同一民族・言語とは縁遠い国家を選択させられたアフリカ諸国の中で、アフリカ固有の言語であるスワヒリ語を国家語として選ぶことのできたタンザニアという稀有の存在と他国の状況を見る。
     紹介

  7. サカキマンゴー『親指ピアノ道場!ーアフリカの小さな楽器でひまつぶし』(ヤマハミュージックメディア2009)
     故フクウェ・ザウォセ氏に師事し、ザンジバルのSauti za Busaraにも招待され出演した、日本の親指ピアノの第一人者サカキマンゴーによる親指ピアノ探しの旅と、各地の演奏例の紹介・指南。

       アフリカン・ポップス 
  8. 宮本正興『スワヒリ文学の風土ー東アフリカ海岸地方の言語文化誌』(第三書館2009)
     東アフリカ海岸地方=スワヒリ地方の文学・言語研究の第一人者によるスワヒリ語の発生、スワヒリ口承文学の発展から、現代に至るまでの歴史文化論。
       紹介

  9. 飯沢耕太郎『ザンジバル・ゴースト・ストーリーズ』(祥伝社2013)
     ザンジバルのストーンタウンやその周辺に出没する幽霊たちのお話。ザンジバルのアミル・A・サイードが採話して1998年に上梓した民間伝承集を、作者が翻案・創作したもの。
      
  10. 鈴木裕之・川瀬慈編『アフリカン・ポップス!-文化人類学からみる魅惑の音楽世界』(明石書店2015)
     文化人類学者によるアフリカ現代音楽シーン。カーボ・ヴェルデ、マリ、ジンバブエ、コートジボワール、ナイジェリア、エチオピア、カメルーンなどが取り上げられている。タンザニアでは檜垣まりによりダルエスサラームのタ―ラブが語られる。
       紹介

    カンガコレクション 
  11. Chieko Orimoto『KANGA COLLECTION-カンガコレクション』(Mkuki na Nyota2016)
     著者の織本知英子は東アフリカのカンガに魅せられ、カンガの収集だけではなく、その歴史、文様や格言の研究をするようになった。本書には珍しいマダガスカル、日本、中国製などのカンガも紹介されている。英語・日本語・スワヒリ語で解説されている。







トップページへ戻る