ニュンバヤサナーの歴史を語る本


『INSPIRED/MAONO』




2013年4月刊行




ジョージ・リランガの作品


ダルエスサラームの中心にあった「芸術の家=ニュンバヤサナー」。
1972年にアメリカ人でメリノール女子修道会のシスター・ジーン がニエレレ初代大統領の支援を得て設立しました。
若手芸術家たちの研鑽と発表と販売の場、また、障害を持った人々 の技術を磨き、生計を立てる場として4分の1世紀にわたって続きました。
ジョージ・リランガを始め、そこから芸術家として独立していった 人も多くいます。
その歴史と芸術家たちの22人の作品、インタビューなどをまとめた本が ノルウェー大使館の支援を得てVijana Vipaji Foundationから出版されました。

エドワード・キイザの作品



フランシス・イマンジャマの作品


芸術作品満載の上質紙使用 全130ページ  価格はTsh40,000。







タンザニアの芸術家たちのトップへ戻る
トップページへ戻る