☆グビさん遺児育英基金 第八回めの奨学金を支給☆



2013年8月26日に他界した弊社の創業者の一人であったサルム・グビ(Salum Ngubi)さんの遺児の学費援助のための『グビさん遺児育英基金』には多くの方々のご協力をいただいています。 現段階(2016年10月31日)で、82人の方がたから1,547,000円+US$2,312+€535+Tsh1,120,000のご芳志をいただきました。ありがとうございました。

現在まで、一部を両替して 
・第一回目でアダさんにはTsh1,025,400支給→詳しい報告はこちらへ→『第一回めの奨学金支給』
・第二回目でモハメッドさんにはTsh1,000,000支給→詳しい報告はこちらへ→『第二回めの奨学金支給』
・第三回目でアダさんにはTsh2,280,000支給→詳しい報告はこちらへ→『第三回めの奨学金支給』
・第四回目でモハメッドさんにはTsh704,000支給→詳しい報告はこちらへ→『第四回めの奨学金支給』
 2013~4年の支出をまとめて、第1回目の会計報告を行ないました。→『第1回目会計報告』
・第五回目でモハメッドさんにはTsh1,234,500支給→詳しい報告はこちらへ→『第五回めの奨学金支給』
・第六回目でアダ゙さんにTsh3,040,000支給→詳しい報告はこちらへ→『第六回めの奨学金支給』
 2015年の支出をまとめて、第2回目の会計報告を行ないました。→『第2回目会計報告』
・第七回目でモハメッドさんにTsh1,205,000支給→詳しい報告はこちらへ→『第七回めの奨学金支給』
『グビさん遺児育英基金』についてはこちらからどうぞ。→『グビさん遺児育英基金』

今回の支給は以下のものです。(年間)
 ①授業料:Tsh1,440,000
 ②寮費:Tsh1,000,000
 ③文房具代その他:Tsh 600,000
 ④調査費:Tsh 500,000
 *合計Tsh3,540,000
 いよいよ最終学年に入り、調査費(フィールドワーク用)が入りました。

☆アダさんからの大学2年生修了の報告です(下に日本語訳があります)。

HELLO, hope your all fine and doing well!
Here is my school report;

After I completed first year of my degree level on 20th September 2015, I went home for my holiday until 4th November 2015 were the school opened. As usual; I arrived at school on date as previously mentioned the opened date, hence after I received my class timetable I was able to proceed with my class sessions as arranged. It was very tough for me to attend classes, assignments and got prepared for tests without any free day in a week because the opened date was proponed to 4th November instead of 10th October due to the national election hence we had no enough time to fulfill the timetable than to force days, but all in all I thank God I managed to fix it.

It was 20th November 2015 I started test one of the second semester in second year of my degree level, and soon after one week I proceed with my daily routine and mostly I used evening time to conduct group discussions with my classmates. I really enjoyed school life because I learnt how to interact with people from different communities and different families, not only that but also we did sports and games as intercollegiate competition and I was among of the members from my department team who participated and achieved to reach finals with the other team from T.I.A Tanzania institution of accountancy and we beat them. I used to do that because I believe I went school to learn. Hence from there I proceed with my daily routine.

It was on 24th December 2015 I had a short holiday for Christmas and New Year. Hence I visited friends and relatives, and on 3rd January 2016 we opened the school because the holiday was very short and I got prepared for test two which was on 7th January 2016 and it was the time I even wished to sleep in the library because I had a lot to cover not only for test but also for final exam because I had no time to waste. As soon as I finished test two I sat for my final exams on 9th February to complete first semester of the second year on 17th February 2016 I managed to complete my semester without any failed paper, and I went home for the other holiday to prepared for the second semester of the second year.

On 2nd April 2016 the school opened and as usually I arrived school on date to start my second semester of the second year and I received my class timetable to proceed with my daily routine and soon after I got my timetable to conduct for my personal class timetable, and planed for group discussions to prepared for test one of the second semester of the second year of my degree level.

On 8th May 2016 I sat for test one to 22nd May 2016 and I thank God I did my best. After a week continued with my daily routine to prepared for test two which was on 5th to 9th June 2016, it was not very tough since I did well in my assignments and coursework’s hence it was my ticket to do final exams because those who failed test and failed to submit coursework’s were not allowed to sit for final exams. But because I did well I was able to sit for final exams to complete second semester of the second year which was on 29th July 2016.

On 11th August 2016 I started my teaching practice and I went the same school as I did on first year, it was at ILALA SECONDARY SCHOOL for a month and I really enjoyed because I experienced everything about learning and teaching process. Fun enough I was selected to be among of the members of guidance and counseling department at school hence I was so excited because this helped to develop my confidence, experience and thinking capacity. I thank God the teaching practice went well and I got ‘A’ of 96 as the pass mark for my practical teaching. From there I started my holiday on September 11th 2016, to 16th October 2016. Hence the school will be opened on 17th October 2016. And I will be there on date to continue with my studies so I can complete my third year as will be the last year of my degree level. I promise to read hard and work hard.



ADA SALUM NGUBI



こんにちは。皆さんがお元気でありますように。

わたしの学校便りをお送りします。

2015年9月20日に学位レベルの1年目を終えた後、11月4日に大学が再開するまで、休暇で実家に戻っていました。いつものように、前もって告げられた始業の日に大学に到着しました。そして、授業に進めるようにアレンジされた時間割を受け取りました。その1週間は、まったく自由な日がなく、授業に出席し、割り当てをこなし、テスト準備に取り組まなければならず、大変な日々でした。なぜかというと、大学の始業日は、10月10日の予定だったのですが、総選挙が行われるために、11月4日に延期になったからです。十分な時間がないので、すべきことをぎゅうぎゅうと詰め込んでいくしかなかったのですが、なんとかやりきることができました。神に感謝です。

11月20日に学位レベルの2年目1学期の最初のテスト(テスト1)が始まりました。すぐのその1週間後には、いつものカリキュラムに励んでいました。主に毎夕は、クラスメートたちとのグループ討論を実施に費やしていました。学校生活はとても充実していました。なぜかというと、そのグループ討論からだけでなく、大学対抗のゲームやスポーツに参加することにより、違った家族、違ったコミュニティ出身の人たちとどうやったら対話できるかを学んだからです。わたしはわたしの学部チームのメンバーでした。そして、わたしたちのチームはT.I.A(タンザニア会計学校)から来たチームとともに決勝まで勝ち進み、T.I.A.に打ち勝ったのです。学校には学びに来ていると信じているので、それを発揮したのです。その後、いつものカリキュラムを続けました。

12月24日から短いクリスマス休暇に入ったので、友人や親戚を尋ねました。翌年2016年1月3日に大学が再開しました。休暇はとても短かく、7日行われるテスト2の準備をする必要がありました。このテストのためだけでなく、期末試験の内容もカバーしなければならなかったため、やることは盛りだくさんで無駄にする時間はありませんでした。図書館に泊まれたらいいのになと願うほどでした。
テスト2が終わるとすぐに、2月9日に2年目の1学期を修了するための期末試験を受けました。17日にどの科目も落とすことなく1学期を終えることができました。そして2学期の準備をするための休暇に入り、実家に戻りました。

4月2日に大学が始まりました。始業日に大学に着き、日々の勉強を進めるための時間割を受け取りました。すぐそのあとに2学期のテスト1の準備のためにグループ討論を計画しました。

5月8日から22日までテスト1がありました。神に感謝、わたしはベストを尽くすことができました。1週間後、6月5日から9日に行われるテスト2の準備のために毎日の勉強を続けました。日々の授業や課題をよくやっていたので、それほどたいへんではありませんでした。それはわたしの期末試験受験へのチケットでした。なぜならこのテスト2を落としたり、課題提出ができてなかったりすると期末試験が受けられなくなるからです。わたしはよくやったので、ちゃんと受験でき、2年目の2学期を7月29日に終えました。

8月11日に教育実習が始まりました。1年生のときと同じ学校に行きました。イララ中学校です。学習と教育課程のすべてを経験できて、とても充実した一月間でした。すごく嬉しかったのは、中学校の指導とカウンセリング部門のメンバーに選ばれたことです。より自信がつき、経験と思考能力を伸ばすことができました。教育実習は順調に進み、100点満点中の96点のA評価で、合格しました。神に感謝です。9月11日から10月16日まで休暇があり、大学は17日に再開します。始業日に大学に戻り、勉学を続けます。学位レベル最終の3年生を終える予定です。よく学びよく活動することを誓います。

どんなにわたしが皆さんに感謝しているか、言葉では言い尽くせません。でも、ほんとうにお心遣いに感謝しています。そして皆さんの心からのたくさんの応援をとてもありがたく感じています。神の祝福がありますように。ありがとうございました。



 アダ サルム グビ

                                                    (翻訳:金山麻美)

*************************


長女のアダといい、このモハメッドといい、グビさんに似て温和で優しい、真面目な子どもたちです。グビさんの子どもたちの教育への遺志をなんとか引き継いでいきたいと思いますので、引き続き見守っていただきたいと思います。

おかげさまでアダも充実した学生生活を送っていて、教師になるという夢に着々と近づいているようです。

今回の支給で、基金の残高は以下のようになっています。
 647,000円+US$3,148+Tsh975,700 
 今回はUS$1,500をUS$1=Tsh2,182のレートで両替しました。

次回の支給は第9回目で、モハメッドの2年生の3回目で、2017年1月の予定です。


 グビさんのことは以下のページもご参照ください。

 グビさんの思い出
 グビさんのシク・アロバイニへ


(2016年11月1日)


キンゴルウィラ村便りへ

キンゴルウィラ村へのお誘いへ

トップページへ戻る