最新リゾート情報(2007年7月)




野生動物とインド洋が出会うーサダニ・サファリ・ロッジ
Saadani Safari Lodge(Saadani)
 海と川と野生動物が楽しめる国立公園はどこだ?それはタンザニア国内では唯一つ、サダニ国立公園である。

 ダルエスサラームに近い国立公園というとミクミが思い浮かぶが、本来ならサダニが一番近い。ダルエスサラームからバガモヨ経由で北上すれば120kmくらいなのだが、昔あったフェリーが壊れ、今は大きく迂回してモシに向かう幹線道路を通過しないとならない。 このルートで行くと210km約4時間。またチャリンゼ経由だと230km約3時間半で行ける。セスナ機で行くと20分、片道$115。
 それでも1泊2日でじゅうぶん楽しめる距離だ。

 ここに2ヵ所あるロッジのうち公園内にあるサダニサファリロッジに泊まった。朝8時にダルエスサラームを出て、12時ちょうどお昼時に着くと、エンジェルが笑顔で迎えてくれた。マネージャーは婚約中の若いアメリカ人カップルで、エンジェルはロッジの料理に創意工夫を加え、エリックはゲームドライブやボートサファリのアレンジの相談に的確にアドバイスしてくれる。夕食前のビールのおつまみにでたカリッとしたエビフライはエンジェルオリジナルだそうだ。

 コテージは海に面していて内装もおしゃれである。頼めばお湯を持ってきてくれるので部屋で紅茶やコーヒーも飲める。コテージによっては網戸に囲まれた外のベッドがあり、海風に吹かれながらゆったりと昼寝ができる。
 レストランの側には海に向けてゆったりと座れるソファーもおいてあり、飲み物を片手に夕日を眺めることも。

 ゲームドライブではそれほど動物は見られなかった(キリン、ウォーターバック、イボイノシシ、ハーテビーストなど)が、翌朝のボートサファリは面白かった。ワミ川のボート乗り場まで約1時間の距離をロッジのオープンカーで走った。ビュンビュン吹かれながら高い位置から見下ろすので、それだけでなかなかの迫力。ガイドが目ざとく、木のてっぺんにいるクロシロコロブス、珍しい鳥や、池の中にいるオオトカゲなどを見つけてくれた。

 ボートは屋根、座り心地のけっこういい椅子のついた快適なやつ。ゆったりとワミ川を上流した。カバたちがのんびり砂州に寝転んだり、水に入ったり、まだ小さい子カバも見た。土手の上にいるほとんど保護色のワニを船のドライバーが見つけてくれる。ホワイトイグレット、キングフィッシャー、ビーイーターなど覚えきれないほどたくさんの鳥たち。  2時間ほどのボートサファリの最後に、これは多分サービスだと思うが、ボート乗り場を通り過ぎて、河口まで連れて行ってくれた。マングローブの林が海の入り口まで続いていた。海へとぱーっと開けてくる景色がすばらしい。

 ロッジは食事もおいしく、スタッフたちもきびきびとしていて感じが良かった。いごごちのよいロッジに泊まりながら、海と川と野生動物をいっぺんに楽しんでしまうとは。贅沢な気分になれた。

   *料金
   ツイン(3食付)$400
*レジデント料金あり    

















バックナンバー

トップページへ戻る