最新リゾート情報(2008年3月)



No.18

ダルエスサラームからすぐ行けるナチュラルでゆったり豪華なビーチリゾートーラス・クタニ
Ras Kutani(Dar es Salaam,Kigamboni)
 ダルエスサラームから5分フェリーに乗って渡ったところはキガンボーニというらしい。そこから、車で30分程度のビーチリゾート「ラス・クタニ」がある。…本来は。わたしたち一行(わたしと父の友達のM夫妻)は、一つのビーチリゾートを探すために2時間くらいさまよっていたのだ。ドライバーさんが現地の人に聞こうも、たいした情報はくれない。全く違うリゾートにたどり着いたりもした。それもこれも、全然看板が出ていないせいなのだ!

 2時間もさまよっていてさすがに怒っていたわたしたちは、「ラス・クタニ」のステキな外観を気に入り、応対も丁寧なので、機嫌を直した。さらに、お昼のご飯のカレーはとてもおいしかった!機嫌を直したどころか、気に入ってしまった。

 お昼を食べて、ロッジに帰る。ロッジは一言で言えば、「青」だ。食堂近くにあった、ラウンジのクッションも青だった。なるほど、「ラス・クタニ」のテーマカラーは青らしい。ベッドはダブルというにはあまりに大きいサイズ。脇にエキストラベッドも付けてくれたが、どうもダブルベッドで3人は楽に寝られそうだった。ベッド面している壁の後ろへ行ってみると、洗面所とトイレとシャワー室があった。洗面所も大きな青い器みたいなもので、きれいだった。トイレとシャワー室なんとオープン!完璧に、というわけではないが、ちょっと壁が出張っていてかろうじて見えないくらいだった。カーテンもない。これはオーナーのセンスかなにか知らないが、わたしにはちょーっと、ね。部屋からちょっと外に出てみると、テラス(とはちょっと違うかも知れないが)にカウチが二つ、その間には小さなテーブル。そこから海が臨めた。しかし、わたしたちが泊まっていたところからはあまりよく見られなかった。もうちょっと木を刈り込めばなあ。あと、ハンモックも両脇にぶらさがっていた。

 ゆっくり休んでから、海へ出る。海はあまり荒くなく、遊べた。昔来たM夫妻は、浜から泳いで行ける距離に、沈没船があり、その周りをキレイな魚が泳いでいると言う!
「いざ見にゆかん」と思っていたものの、満潮で、行くに行けなかった。残念。
 海のすぐ近くにラグーンがあり、カヌーをそこでこげるようになっている。波もたっていなかったので、カヌーをこいだことがなかったわたしでも、転覆しないですんだ(もちろん、一人ではやってないが)。海からどんどん離れて行くと、だんだんジャングルみたくなっており、鳥や、小魚や、大きなとかげらしきものもいた。
 海に入ったから、シャワー代わりにプールに飛び込んだ。しかし、そのプールが汚いし、小さいし、水がぬるぬるするしで、あまり楽しめなかった。

 晩御飯はこれまたロマンチックで(実際カップルのお客が多かったのだが)、夜空の星の下でだった。前菜、メイン、デザートのフルコースだった。前菜は、シーフードサラダ。メインはステーキ。デザートはオレンジキャラメルプリン。どれも、最高においしかった。どんだけ、ご飯のバラエティーがあるのかと訊くと、「たくさんありますよ。一週間いても同じメニューは見られません」と言うではないか。すごい!

 朝、起きると頼んだ時間にモーニングティーを持ってきてくれた。かわいい形のクッキーも付いていた。嬉や。朝ご飯は別段、他のところと変わらなく、パンと自分の好きな卵料理。あと、フルーツ。ただ、困ったのがハエとハチが何匹かいたこと。でもまあ、自然のおきてだね。

 その後、ラグーンウォークに行き、ジャングルのような道を1時間ほど歩いた。上がったり下ったりで、なかなか鍛えられる。雨とか降ったら滑ったりして、大変だろうと思う。まあ、ジャングルなので、虫も結構いた。

 雨が降ってきて特になにも出来なさそうなので、本を呼んでいたらたくさんのサルがやってきた。かなり接近もしてきて、荷物を荒らしやしないかと、心配になったが、何もしなかったので、安心。

 お昼は、カラマリ(イカ)の前菜で、これがすごくおいしい!その後は、イタリアンみたいなコースでした。でも、スパゲッティーとかじゃなく、魚コロッケとか、トマトミートボールのようなものでした。これもおいしい!どれもおいしい!デザートには、ラズベリーヨーグルトシャーベット。これもおいしい!

 従業員さんも、よく気がつく丁寧な人たちばっかりで、よかった。M夫妻もとても気に入っていた。
とてもステキな場所、「ラス・クタニ」。皆様もどうぞ、とてもお勧めですので、行ってみてください。なによりも、ジャングルと海が隣り合わせなんて、あまりありませんよ?


(N.C.記)


   *料金*ツイン(3食付)$500
*レジデント料金あり
   



















バックナンバー

トップページへ戻る