最新リゾート情報(2013年2月)



No.34

大自然と隣り合わせの滞在
Osupuko Lodge Serengeti Camp (Serengeti)
 
  セレンゲティ国立公園の草原の中をサファリカーで走っていく。建物やテントらしき物は一切ない草原の中、景色や動物を眺める。まだかな〜と思っているとロッジを記す目印とテントが現れる。このテントが今回宿泊をするOsupuko Lodges Serengeti Campだ。2012年に建ったばかりの新しいテント式ロッジでセロネラの中心地区に位置する。


 案内されたテントの中はおしゃれで清潔感がある。アメニティーも揃っていて雰囲気が良い。シャワーやトイレもテントの中に備え付けられている。シャワーを浴びるときはホテルのスタッフがお湯を持ってきてくれ部屋の外のタンクにいれてくれる。合間を見てお湯は足りているか、まだシャワーを浴びる人はいるか、と外から声をかけてくれる。シャワーを浴びられる時間は決まっているが、気遣ってくれるので快適である。


 食事はキャンプのメインテントで食べる。この日の夕食はスープ、パスタ、デザート。豪華さはないけれど、手作り感があって味はとてもおいしい。
 生憎宿泊した日は天気が悪く星を眺めることはできなかったが、辺りはまっ暗なのでもし天気が良ければ満天の星空が眺められるのではないだろうか。
 また辺りが真っ暗なのといつ動物が出てくるかわからないため、夜間にテントの外を歩く時は必ず警備をしているマサイの人についてもらわないといけない。また警備の道具としてメインテントの横に槍が立ててあるのにも驚いた。この槍でライオンも倒すことができるとか。


 夜、ベッドに入り眠ろうとすると何かがテントの外からカサカサと音がする。何の動物かはわからないがテントの中に入ろうとテントを引っ掻いているのだろう。テントを破って中に入ってこないだろうかとドキドキしてしまう。そんなドキドキした気持ちの中、大自然と隣り合わせに眠りに落ちる。普段はできないとっても贅沢な時間と体験である。


 大自然の中にお邪魔し過ごした今回の滞在はとても思い出に残るものだった。スタッフも親切にしてくれ、困ったことがあるとすぐにテントに来て対応してくれたので気持ちよく滞在ができた。今度は天気の良い晴れた日に泊まり満天の星空を眺めたいなと思った。



☆料金 (3食付1泊)
 -シングル $310
 -ダブル  $490
 -トリプル $800

 ※上記の料金はピークシーズンのものです。入園料が別途必要となります。
      














バックナンバー

トップページへ戻る