タンザニアへの行き方 ジャハジ

タンザニアへの行き方



1)ビザ


  日本のパスポートであれば、必要。在外公館で取得してくるのが原則。 日本ならば駐日タンザニア大使館(東京都世田谷区上用賀4-21-9,Tel:03-3425-4531)名誉総領事館 (鴻池組。大阪市北区梅田3-4-5, Tel:06-6343-3478)で申請して、 観光ビザならば2~3日間で取得できる。費用6,000円。タンザニア政府の財政難から在外公館の数が減少したため、 入国地の空港、国境でも取得できる。$50。その際の申請者が多くなければ、余り時間はかからない。空港で写真を撮られる。復路の航空券を所有していないともめることがある。

2)ルート 


◎ 海路:タンザニアへ海路で入ることは70年代までは可能だった。インドのボンベイ(現ムンバイ)から定期船で10日間弱、ケニアのモンバサ経由で着くことができた。 現在は、通常こういうルートでは入れない。

◎ 陸路:アジアから、あるいはヨーロッパから陸路で来ることはここでは省いておこう。 一般的にはケニアのナイロビからナマンガ経由で入る旅行者はかなり多く、特にセレンゲティ、 ンゴロンゴロ、キリマンジャロといった北部の観光地にやってくるツアー客はこのルートのほうが多いかもしれない。 ケニアからは他にもルートがあり、ウガンダ、ルワンダ、ブルンジ、ザンビア、マラウィ、モザンビークとも国境を接しているから、往来は盛んである。

◎ 空路:日本からもっとも一般的なタンザニアへの行き方。 タンザニアには国際空港としてダルエスサラーム、キリマンジャロ、ザンジバルがあり、ごく例外的にムワンザに国際線が発着する。

(A)ダルエスサラーム:タンザニア最大の国際空港。乗り入れ会社は、 TC(タンザニア航空)、KQ(ケニア航空)、PW(プレシージョン航空)、KL(KLMオランダ航空)、LX(スイス航空)、EK(エミレーツ航空)、QR(カタール航空)、WY(オマーン航空)、 QM(マラウィ航空)、ET(エチオピア航空)、TM(モザンビーク航空)、U7(ウガンダ航空)、SA(南アフリカ航空)、MS(エジプト航空)、TK(トルコ航空)、 WB(ルワンダ航空)など。

ルートには大雑把に言って3通りある

・北回り(ヨーロッパ経由)
日本からチューリッヒ、アムステルダムを経由して入る。LXは週5便、KLは週7便就航している。乗り換えが1回で済むのが魅力。BA(英国航空)は2013年4月から運航を停止した。

・南回り(アジア経由)
EKの関空~ドバイおよび成田~ドバイが毎日就航しており、ドバイ~ダルエスサラーム便も毎日就航している。QRも成田発および関空発~ドーハ~ダルエスサラームと毎日就航している。 ドーハ~ダルエスサラームは現在毎日2便飛んでいる。近年はEK、QRでやってくる人がほとんど。それ以外は、KQ(毎日)、ET(毎日)とも日本に乗り入れていないため、香港、バンコクを経由し、 ナイロビ、アディスアババで更に乗り換えて来るので乗り換えが2回になる。 ナイロビ経由であれば、ほかにKE(大韓航空)、EY(エティハッド航空)でナイロビまでというルートもある。

・エジプト、トルコ経由
日本からMS、TKでエジプトまたはトルコを経由して入る。MSが週1便成田から、TKが週4便成田と関空から週4便就航している。乗り換えは1回で済むが、乗り継ぎ時間が長いのが難。

・南アフリカ経由
香港、シンガポール、クアラルンプールなどを経由して、ヨハネスブルグに入り、そこからSAで入る。2回乗り換えということと、ヨハネスブルグのトランジットが1泊になる可能性が高いのが難。

(B)キリマンジャロ:北部の観光地の入り口である。アルーシャとモシの中間にある空港。ダルエスサラームに来る必要のない観光客には便利な位置にあるのだが、離着陸する国際線が少ないのが難で、PW、KL、ET、WBなどが離着陸する。2012年からQRがダルエスサラーム経由でキリマンジャロまで飛ばすようになった。

(C)ザンジバル:ザンジバル島への玄関口。乗り入れ航空会社はTC、KQ、PWのほか、シーズンにはイタリア、スイスからチャーター便が頻発する。

(D)ムワンザ:ナイロビからPWの直行便が週3便飛んでいる。他にもキリマンジャロ空港やエンテベ(ウガンダ)を結ぶ便も飛んでいる。

(E)ナイロビ:隣国ケニアの首都で、東アフリカのハブ空港的な役割を果たしている。北部の観光地にはダルエスサラームよりも近いことや、ダルエスサラームに就航していない航空会社などを利用した場合、ナイロビ経由になることもある。

3)費用


ここでは日本発ダルエスサラームまでの航空運賃について触れておこう。

(A)日本(成田、関空)からの北回り(KL、LX)の全く制限のない正規料金は150万円(Y)、180万円(C)くらいだが、その運賃で乗る人は少なく、実際には格安航空券を購入する。シーズンによって大幅に変動するが、LX、KL利用の1〜12ヶ月有効のもので14〜26万円程度。ゴールデンウィーク、お盆、年末年始はピークシーズンなのでこの料金よりもさらに高くなる。

(B)南回り:北回りと違ってシーズンにあまり影響されない。Yクラス14~20万円程度。EKの名古屋発のフライトならば時期によってはもう少し安くなる可能性もある。一番お手頃なKクラスが取れれば13万円以下の時期も。QRならばさらに安くなる時期もあり。

(C)エジプト、トルコ回り:MS、TKで格安チケットのYクラスで10~26万円程度。

(D)南ア回り:格安チケットのYクラス16~32万円程度。TG(タイ航空)、MH(マレーシア航空)、SQ(シンガポール航空)などを利用し、南アからSAを使う。


☆各社のエコノミー料金を例にあげておこう。

(2012年夏 最安値)
・KL:   150,000円~
・LX:     140,000円~
・EK:関空発 134,000円~
・EK:成田・羽田発 124,000円~
    ・QR:関空発 119,000円~
・QR:成田発 134,000円~ 
   ・MS: 99,000円~
・TK:     155,000円~
・ET&TG: 153,000円~
・SA: 178,000円~

※料金はすべて航空運賃のみで記載。
(旅行代理店マイチケットの販売価格)

トップページへ戻る