読書ノート


 

読書ノート/バックナンバーズ/政治・経済

No.1 川端正久 『アフリカ人の覚醒』 2005年3月

No.2 Andrew Burton 『African Underclass』 2006年7月

No.4 藤原章生 『絵はがきにされた少年』 2007年4月

No.6 G.H.Maddox & J.L.Giblin Ed.『In Search of a Nation』 2008年2月

No.7 Issa G. Shivji 『Pan-Africanism or Pragmatizm?』 2008年10月

No.8 Jan-Georg Deutsch 『Emancipation without Abolition』 2009年4月

No.10 J.R.Brennam,A.Burton & Y.Lawi Ed. 『Dar es Salaam』 2009年12月

No.14 カプシチンスキ 『黒檀』 2010年10月

No.15 栗田和明 『アジアで出会ったアフリカ人』 2011年2月

No.16 小川さやか 『都市を生きぬくための狡知』 2011年6月

No.17 上田元 『山の民の地域システム』 2011年11月

No.18 Harith Ghassany 『Kwaheri Ukoloni, Kwaheri Uhuru!』 2012年3月

No.21 井野瀬久美恵・北川勝彦編『アフリカと帝国』 2012年7月

No.22 栗本英世『民族紛争を生きる人びと』 2012年8月

No.23 戸田真紀子『アフリカと政治』 2012年9月

No.26 Juhani Koponen『People and Production in Late Precolonial Tanzania』 2012年12月

No.27 大津司郎『アフリカン ブラッド レアメタル』 2012年12月

No.28 富田正史『エミン・パシャと<アフリカ分割>の時代』 2013年1月

No.29 Bernard Calas Ed.『From Dar es Salaam to Bongoland』 2013年2月

No.30 佐藤芳之『アフリカの奇跡』 2013年2月

No.31 川端正久・落合雄彦編『アフリカ国家を再考する』 2013年3月

No.32 伊藤義将『コーヒーの森の民族生態誌』 2013年3月

No.33 戸田真紀子編『帝国への抵抗』 2013年4月

No.34 高橋基樹『開発と国家』 2013年5月

No.39 武内進一『現代アフリカの紛争と国家』 2013年7月

No.40 小倉充夫編『現代アフリカ社会と国際関係』 2013年8月

No.41 高野秀行『謎の独立国家ソマリランド』 2013年8月

No.42 吉國恒雄『燃えるジンバブウェ』 2013年9月

No.46 勝俣誠『新・現代アフリカ入門』 2013年11月

No.50 Allan Villiers『Sons of Sindbad』 2014年1月

No.53 Saud bin Ahmed al Busaidi『Memoirs of an Omani Gentleman from Zanzibar』 2014年2月

No.54 栗山保之『海と共にある歴史』 2014年3月

No.59 高尾具成『サンダルで歩いたアフリカ大陸』 2014年5月

No.61 現代思想『総特集―ネルソン・マンデラ』 2014年6月

No.65 大林稔・西川潤・阪本久美子編『新生アフリカの内発的発展』 2014年8月

No.71 西真如『現代アフリカの公共性』 2014年10月

No.81 植村和秀『ナショナリズム入門』2015年3月

No.90 山室信一『キメラ』2015年8月

No.91 平野克己『経済大陸アフリカ』2015年9月

No.101 堀田善衛『キューバ紀行』2016年2月

No.108 アントニー・ワイルド『コーヒーの真実』2016年5月

No.110 大塚和夫『イスラーム的』2016年6月

No.111 伊高浩昭『チェ・ゲバラ』2016年7月

No.113 栗田和明編『流動する移民社会』2016年8月

No.117 小川さやか『「その日暮らし」の人類学』2016年10月

No.118 松田素二・平野(野元)美佐編『紛争をおさめる文化』2016年11月




現在の読書ノートに戻る

トップページへ戻る